BP Club
  HOME > 商品情報


微生物迅速検査装置 バイオプローラ FAQ

技術について

1. 従来の培養法との比較は?
A (1) 性能面:従来の培養法は、公に決められた方法であり、測定感度も1個から測定することができます。本装置は蛍光染色法で微生物を発光させ、画像処理で計数する方法ですので、公定法ではありませんが、精度良く測定できます。ただし、ろ過するシステムであるため、ろ過が困難な食材などの検体は測定できない可能性があります。
(2) コスト面:従来の培養法での消耗品のランニグコストは、通常100〜300円程度です。但し、これには人件費などは含まれておりません。 10分で測定できるなどのことを考慮した場合、計算方法にもよりますが、本装置でのランニングコストが安くなる可能性もあります。
2. どんな食材、検体でも測定することが可能か?菌以外のものをカウントする可能性は?
A 本装置は、万能の装置ではありませんし、菌以外の異物も、菌と類似した蛍光を発する異物は、カウントする可能性があります。食材だけでも無限の種類、組合せがあるため、全ての食材、検体について検証することは困難です。 まず、ろ過ができるサンプルが前提です。例えば、牛乳などは現時点はろ過しにくい代表例ですが、前処理を工夫することで、ろ過ができる可能性が見つかっております。また、異物については、どの成分が誤カウントするのかなどまだ検証をを行っているサンプルもあります。事前に測定したサンプルで検証確認を実施し、その上でご購入して頂けるように準備しております。
3. 菌のサイズには色々あるのでは? 重なり合って個数の計測が不正確にはならないか?
A 大腸菌や黄色ぶどう球菌は0.5〜1μmで、酵母などは10μmと微生物の種類によって異なります。重なり合った微生物は1個と誤認識する場合はありますが、10万個以下ではほぼ重なり合わないことを画面上で確認しています。
4. 菌にも色々な種類があるはず。どのようなタイプでも計測ができるのか?
A 原理的には、芽胞状態の菌、胞子を除いて測定可能です。但し、全ての微生物を確認しておりません。我々が入手している微生物(20〜30種類)については確認しています。その他特殊な微生物については、事前に検証などを行って確認されることをお勧め致します。
5. メンブレンフィルターの菌以外の異物が誤識別される可能性はどの程度あるのか?
A 上述したように異物が誤認識する可能性があります。現時点では、食材によって異なりますので、正確に可能性を述べることはできませんので、検証実験でご確認させることをお勧め致します。
6. 生菌を直接蛍光着色できる試薬が従来からある。 何故 そうしないのか? それを使った場合、どう言う不都合があるのか?
A 生菌用の試薬は、蛍光発光強度が小さく、非常に見えにくいなどの欠点があります。また、試薬を調合した後、すぐに劣化する可能性があります。したがって、少なくても数ヶ月は貯蔵できることが要望されているため、今回の測定方法にしました。

商品について

1. バイオプローラの耐久性は? どの程度の寿命か?
A 設計寿命は、10年です。
2. バイオプローラは、測定精度の狂いは無いのか? 測定精度をどのように保証するのか?
A 日常の管理は、測定を行う前に装置点検用キットで正常に測定できるか確認してください。また、定期的な1年点検契約をお勧め致しております。
3. 装置は定期メンテを必要とするものか? 精度を維持するためにメーカがすることは?
A 装置全てにシリアルナンバーを付け、メーカ及び取扱会社の責任メンテが行き届く体制を作っていきます。 その管理体制は下記の通りです。
(1) 取扱会社とメーカ(光洋産業株式会社)間の適切な販売方法やPL問題を含めた条項で代理店契約の締結
(2) シリアルナンバーで使用ユーザ情報(ユーザ名、使用個所、使用頻度、世話役の代理店名など)を登録
(3) 代理店とユーザ間でのメンテ契約の締結
(4) ユーザへのPL条項の周知(PL条項の許諾を以って、初めて使用頂く姿にする:パソコンソフトの使用許諾契約を参考)
(5) 装置点検チップの責任供給とユーザによる装置点検チップを用いた正しい校正確認の実施
(6) 年1回の1年点検の実施。
LED寿命到達時の案内とその交換。
4. バイオプローラで測定できないものはないのか? またそれは何故測定できないのか?
A 測定できない物質とその理由は下記の通りです。
(1) 毒素類→毒素は化学物質であり、測定できません
(2) ウイルス類→非常に小さい。フィルタで捕集されない
(3) 芽胞状態の菌→試薬が浸透しにくい
(4) 胞子→試薬が浸透しにくい
取り扱い企業様
栄研化学株式会社(別ウィンドウで開きます)
GSI Creos(別ウィンドウで開きます)
Wako(別ウィンドウで開きます)