企業情報

HOME > 企業情報 > 社長挨拶


社長挨拶

代表取締役社長 舟山聡一

光洋産業株式会社の誕生は、昭和33年。当初は接着剤の販売会社としてスタートしましたが、昭和44年以降は当社の研究所自らが開発した新しい接着剤と、その応用技術を活かした製品であるポリスチレン発泡体(ウッドラックパネル)の粘着加工や、その他断熱材等の粘着複合化、水性ビニルウレタン系接着剤の開発と生産体制の確立、さらには防音材の開発・生産へと躍進してまいりました。これら開発した製品群に関連する特許等の出願は200件以上を数え、国内および海外10カ国において60件以上が登録されています。

また、国内の有力企業6社、海外はアメリカ・カナダ・西ドイツ・スウェーデン・オーストラリア等の有力企業と特許実施許諾契約・ノウハウ実施許諾契約を締結しました。これらの実績は、昭和51年より特に海外との交流に力を注いできた結果といえます。

当社の基本方針は、「広く情報収集に徹し、独創性のある技術を確立し、商品化する」ことにあり、常に他社にはない新技術をカギとして業務の複合化を進めることに重点をおいています。この目的達成のためには、「技術の厚い蓄積」と「ヒラメキ」の有機的な結合が重要であると心掛けております。このように当社は、常に活気あるコーポレートカラーを原動力に、さらにポジティブな独創性を発揮していくことが、社会への貢献につながり、社員の向上と会社の発展につながるものと確信いたしております。