創傷ケアについて

監修:
WOC看護認定看護師
佐藤志保子
HOME > 創傷ケアについて > 創傷ケアの一般知識 > モイスト・ウンド・ヒーリング(湿潤療法)


モイスト・ウンド・ヒーリング(湿潤療法)

湿潤イメージ

あなたなら・・・ どちらに生命の息吹きを感じますか?

これまでのキズの治し方は、キズを乾燥させて、かさぶたを作り自然に治るまで待つという『ドライ・ヒーリング』(乾燥療法)でした。

1950年代初期に、みずぶくれを破らずにおくほうが早くきれいに治ると発表されました。

これが、現在推奨されている『モイスト・ウンド・ヒーリング』(湿潤療法)の考え方です。キズ面を湿潤状態に保ちながら自然治癒力を引き出し、治癒させるという方法です。

現在、病院等の治療の現場で使われている創傷被覆材は、『モイスト・ウンド・ヒーリング』の考え方で開発されたものです。

身近なキズをきれいに治そう『モイスト・ウンド・ヒーリング』で!

私たちが、日常の生活の中で受けるさまざまなキズも、『モイスト・ウンド・ウーリング』の考え方で治療することで、治癒の質が変わると言われています。

『モイスト・ウンド・ヒーリング』は、キズがきれいになおり、そしてキズの痛みを軽くしてくれます。

  • ・靴ずれ
  • ・すりきず
  • ・切りきず
  • ・軽いやけど
  • ・軽い床ずれ
  • ・顔などの見えるところのキズ

モイスト・ウンド・ヒーリング 何をつかったらいいの?

深いキズ 写真当社では、創傷被覆材の技術を生かして開発した、『モイスト・ウンド・ヒーリング』の考え方をめざした商品があります。

クラビオバンA (透湿・防水のフィルムテープ)
許可番号 : 12B2X00024000010 

クラビオバンR (皮膚に優しい、不織布テープ)
許可番号 : 12B2X00024000011

※上記商品は、当社Webショッピングにてお求めいただけます。