文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
トップ   〉 リクルート:社員紹介   〉 猪口 勝正

躊躇せず、
全部やってみる。

猪口 勝正

Iguchi Katsumasa

機能複合材部
メディカル部
バイオメディカルグループ

2017年4月入社

私が所属している部署は、多様な製品を扱っていると同時に、新しいものを生み出していく部でもあります。好奇心でどんどん新しいことに進んでいけるのと同時に、常に時代を先読みしないと新しい製品の提案ができないので、非常に刺激的で挑戦的な日々を送っています。

猪口さんへ Q&A

▶ 光洋産業ってこんなところ

ここ光洋産業は、新しいことに自ら率先して取り組んでいかないと時代に取り残されてしまうので、社長を先頭に常に前進していて、全く保守的ではない会社です。
社内を見渡すと理系出身の人が多く、逆に私は文系卒業で入社2年目なので現在も苦戦していますが、上司や先輩がしっかりと支えてくれているので、特に不安はありません。今後もさらに勉強をして、将来的には先輩たちのように新しい商品を開発・販売できるようになりたいと、日々奮闘しています。

▶ 光洋産業の誇れるところは?

製品のラインナップの幅広さです。この規模でこれだけ多方面に多くの製品を展開している中小企業はないと思うので、そこが自慢です。
また、多彩な分野に事業を展開しているので、例えばひとつの事業の先行きが見通せなくなった場合でも他事業があることにより、リスク管理ができます。そういう面からも光洋産業は企業として安定していると思うので、その分、思いきり大胆に仕事ができるのがこの会社の魅力だと私は思っています。

▶ この仕事のやりがいは?

基本的に機能複合材部は「提案営業」です。既存の物を売ることもありますが、お客さまの要望や質問を汲み取って製品化し、販売しています。製品を作り上げるまでの過程が本当に大変ですが、お客さまの満足された顔を見ると、私も光洋産業に新たにひとつの地盤を作れたかなと、少し自信が持てます。
一方、メディカル部も機能複合部材と同じ提案営業ですが、具体的には微生物を検査する装置を製造・販売しています。お客さまから「それをどうやって測ったら結果が出るのか」「どういう段階で検査をすればいいのか」と聞かれるときもあり、それに答えていくのも大事な仕事のひとつです。携帯電話でたとえると、ただ携帯電話を売るだけではなく、どうやって使うか、どんな機能があるのかを考えてお客さまに提案していく。お客さまにさらなる新しい利便性をスムーズにわかりやすく提案するスキルも、この部の仕事を通して鍛えられていると思います。

▶ 担当部署の特色

先述しましたが、私の所属している機能複合材部とメディカル部は、さまざまな製品を扱っていると同時に、新しいものを生み出していく部でもあります。新商品を開発するために新しい分野に触れていけるので、毎日好奇心を刺激されます。なるべく自分の足で歩いて、直接見てトレンドを追うことも、この部で仕事をしていく上で大事なことだと思っています。
また、仕事自体に非常にオリジナリティがあり、手がけている内容が部員どうしでもそれぞれ違います。それゆえ時には孤独を感じることもありますが、親身になって相談にのってくれる上司がいるので、安心して仕事に打ち込めます。

猪口さんの 一日

8:30 出社

一日のスケジュールを再確認。もっとも効率よく動けるよう準備します。また朝一のメールチェックも行います。

9:00〜 事務作業

注文状況を確認。事務処理を行い、納入がスムーズにいくよう製品の手配を行います。

10:30~ 提案内容を思案

お客さまが困っていることに関して、解決方法を調査します(ex. 取引先と打ち合わせ。自分でいろいろ作ってみる、調べてみる。上司に相談する)。 

12:00〜13:00 お昼休憩

上司や先輩と神田駅付近のご飯屋さんで昼食。いっぱいお店があり飽きません。
最近はカレー屋に行くことが多いです。

13:00〜18:00 客先営業

・納入製品のスケジュールを一緒に調整。
お客さまの生産スケジュールに合わせることができるよう、調整します。
・事前にいろいろ考えてきた内容をもとにお客さまと相談。
こんな方法がある、こんな素材なら使えるといった提案をし、お客さまのニーズにこたえます。

18:00 帰宅

休日の過ごし方

最近、靴磨きにはまっています。5足ぐらいを一気に磨くんです。仕事のことも考えず頭をからっぽにできるので、リラックスできますね。靴もきれいになるので、本当に癒やしの時間です。

ページトップ